ヘッダー画像

料金表

料金表|やまだ歯科クリニック|久留米駅近くの歯医者

インスタグラム

患者様に最適な治療をご提案します。
当院は患者様とのコミュニケーションを大切にしており、「保険適応内で治療をしたい」「保険・自費に限らず最良な治療を提案してほしい」などのご希望・ご要望を伺った上で患者様一人ひとりに合わせた最適な治療法をご提案させていただきます。

保険診療と自費(保険外)診療の違い

扱える治療法や素材が異なります。
当院はなるべく保険診療内で品質の高い治療を提供できるよう心掛けておりますが、ご希望の治療内容によっては保険適応内で対応出来ない症例もあります。
その際、自費診療での治療法をご提案しておりますが、無理に勧めることはしておりませんので気になる方はご相談ください。

保険診療について

国が定めた治療法や材料の範囲内で行う診療です。他院でも診療内容が同じ場合、治療にかかる費用は国内の歯科医院であれば差はなく日本全国一律の料金になります。虫歯や歯周病治療のほとんどは保険診療内で対応可能です。

自費診療について

国が定めた保険診療内の治療法や材料以外のものを使用する診療です。保険診療のような制限がなく、審美性や機能性を追求した治療を行うことが可能になります。

料金表

全て税込価格です。

詰め物

項目 料金
e-max インレー 55,000円
ジルコニア インレー 65,000円

被せ物

項目 料金
プレミアムセラミック クラウン 121,000円
e-max クラウン(前歯) 99,000円
e-max クラウン(奥歯) 77,000円
ジルコニア クラウン(前歯) 99,000円
ジルコニア クラウン(奥歯) 77,000円

ラミネートべニア

項目 料金
ラミネートべニア(削る症例) 110,000円
ラミネートべニア(削らない症例) 88,000円

仮歯

項目 料金
即時重合レジン 2,200円
CAD/CAM 3,300円

ワイヤー矯正

項目 料金
基本料 550,000円
調整料 3,300円 / 月一回
ホワイトブラケットワイヤー 別途 55,000円

部分矯正

項目 料金
基本料 110,000円
調整料 2,200円 / 月一回

マウスピース矯正

項目 料金
基本料 200,000〜800,000円

入れ歯

項目 料金
ノンクラスプデンチャー 88,000〜165,000円
金属床義歯 330,000〜550,000円
インプラント義歯 440,000円

ホワイトニング

項目 料金
オフィス ホワイトニング(3セット) 16,500円
ホーム ホワイトニング(上下トレー、ジェル セット) 27,500円

インプラント

項目 料金
インプラント 275,000円
人工歯(上部構造) 77,000〜121,000円
アバットメント 55,000円
骨造成 55,000〜100,000円

医療費控除について

医療費控除とは、ご自身や家族に支払った医療費を一定の金額所得控除できることです。
歯科の自費診療は高額になる場合が多く、治療費が高くなるため医療費控除の対象となります。毎年1月1日〜12月31日の間に支払った医療費を確定申告すると医療費控除が適応され、税金が還付されます。
医療費控除対象金額は下記の式で計算した金額になります。

医療費控除(最高200万円)=(支払った医療費−保険金等で補填された額)−10万円

対象となる医療費

  • インプラント費用
  • 虫歯や歯周病の治療費
  • 親知らずの抜歯
  • 入れ歯の費用
  • 子どもの矯正治療費
  • 成人の噛み合わせ治療費
  • 通院時のバス、電車、タクシー代
  • 薬局で購入した歯痛止め等の医療費

対象とならない医療費

  • 審美目的で行ったホワイトニングや審美歯科治療
  • デンタルローンの金利や手数料
  • 通院時に自家用車を使用した場合のガソリン代、駐車場代
  • 健康増進のために購入したサプリ等

医療費控除の例

年間50万円歯科治療にかかった場合
50万円−10万円=40万円

年間の課税される所得金額が600万円の場合
40万円×30%=12万円分の税金免除になります。

つまり、実質治療に要する費用
→50万円(治療費)−12万円分(免除分)=38万円(実質治療費)で済みます。

医療費控除の手続き

確定申告の申告期間である毎年2月16日〜3月15日までに申請する必要があります。
申告方法には3通りあり、

  1. 直接税務署に立ち寄る
  2. 税務署に書類を郵送する
  3. インターネットを利用する

①、②は医療費控除を受ける方のお住いの管轄税務署に提出します。

医療費控除申告に必要なもの

  • 源泉徴収票(原本)
  • 医療費の領収書(原本)
  • 医療費控除の対象となる費用の領収書
  • 保険金等で補填される金額が分かる書類
  • 医療費控除の内訳書
  • 還付金の振込先口座番号(本人名義)
  • 印鑑(認印)
  • 確定申告用紙

年間医療費と収入による還付金リスト

給与収入 300万円 500万円 1,000万円
給与所得 192万円 346万円 780万円
医療費控除額 104,000円 100,000円 100,000円
医療費控除前の所得税 77,000円 210,500円 1,070,600円
医療費控除後の所得税 71,800円 200,500円 1,047,600円
還付される所得税 5,200円 10,000円 23,000円
給与収入 300万円
給与所得 192万円
医療費控除額 104,000円
医療費控除前の所得税 77,000円
医療費控除後の所得税 71,800円
還付される所得税 5,200円
給与収入 500万円
給与所得 346万円
医療費控除額 100,000円
医療費控除前の所得税 210,500円
医療費控除後の所得税 200,500円
還付される所得税 10,000円
給与収入 1000万円
給与所得 780万円
医療費控除額 100,000円
医療費控除前の所得税 1,070,600円
医療費控除後の所得税 1,047,600円
還付される所得税 23,000円

PageTop